ラジオ体操は立派なダイエット

子どものころに夏休みに入るとラジオ体操を行った経験がある大人の方も多いと思います。あの頃は大した運動ではないと感じていたかもしれませんが、実はラジオ体操というのはかなりの消費カロリーがある運動で、さらに体のさまざまな部分を効率的に動かすことが出来る体操で、ダイエットになりえる運動でもあります。

ラジオ体操にはダイエットをする上でとても大切な要素である「有酸素運動」「ストレッチ」「筋力トレーニング」「バランス運動」という4つの要素がすべて含まれています。普段運動をしていないという人がこのラジオ体操をしっかりと行うと、相当の運動量であることが実感できます。

実際にラジオ体操の1と2を続けて行った場合、生じカロリーは約25kcalとなりますが、わずか6分半ほどでこのような結果となります。10セット行うと約250kcalとなるわけですから、30分間のジョギングを行ったのとほぼ同じ消費カロリーということになります。

ですが、ジョギングでは得られないストレッチ効果や筋力トレーニングも含まれると考えると、かなり効率的な運動であるということがあります。

ラジオ体操第一は主に全身運動、ラジオ体操第二は筋力トレーニングの要素が多いので、続けて行うことで効率的に筋肉をつけていくことが可能です。