酵素を飲むなら温度を気にすべし

最近では健康のために酵素を取り入れているという方も多くいますが、中には朝温かいお湯で酵素ドリンクを割って飲むという方もいるようですが、実はこのの見方ではせっかくの酵素が損なわれれてしまいます。

酵素は大よそ48度を超えてしまうと損なわれてしまうことが多くなっているためです。酵素の種類によっては70度以上の熱でも変異せず元の状態を維持することが可能なものもありますが、60度以上になるとほとんどの酵素の活性がとまり、酵素を取り入れることで得られると言われている酵素の健康効果は期待できなくなります。その理由は、酵素は実はたんぱく質の一種で、熱によって変異をしてしまうという性質があるためです。卵に熱を加えると、今まで液体状だったたまごが固形化するのと同じです。

熱が加わることでもともとの形が壊れてしまいます。この変異していしまった酵素は、健康効果などが期待されている酵素とは別物になってしまうために、酵素として働くことを期待することが出来ません。酵素を飲むときには48度以下のもので割るということが必要になります。酵素はできるだけ水、または炭酸水などで割るようにしましょう。冷たい飲み物が苦手という方は、常温の水で割ることをおすすめします。