カニ料理いただくなら、やはり「三国」とかの良いところにするべきであった。

カニ料理は地産ものと、大都市近郊のチェーン店ものがあります。
でも、大都市近郊ものは、地産の「おこぼれ」が回ってきていて、美味しさでは地産ものとは大きく違います。
カニは、豆腐と同じで、日持ちしない、湯豆腐、茹でカニといった共通点があります。
一度大金はたいて、「三国カニ」を食べに行きました。

大変美味しかったです。

今まで大都市のカニ料理を食べたのが、「一杯やられた」という感覚になりました。
お金とおいしさは、カニ料理の場合、比例しないと思いますが、本場三国の茹でカニを食したとき、このおいしさに胸をうたれました。
なにも味をつけていなくて、茹でたままで美味しい。

・・・道楽でも結構高いお金を払ってカニ料理を食べました。でも、アホらしくなりました。これ以降、大都市近郊のカニ料理は絶対行かないことにしました。
カニ刺身、カニ味噌、焼きガニ、等々すべて味が全然違うのです。

一見高そうな産地ものカニ料理ですが、満足度を考えると、大都市で10回食べるなら、地産もの茹でカニコース料理にするべきでした。
関西からでは、特急電車に乗らなくても、新快速で敦賀まで行けます。福井はすぐそばです。

味覚を大事にしましょう。せっかくの美味しいカニ料理です。良いイメージを残したいですね。

家族でカニ