ミライスピーカー

都内在住のAさんは老人性難聴をわずらっている。自室でテレビを見るのが趣味だが、隣室まで
聞こえるほどの大音量でなければ楽しむことができない。1年前、知人から譲り受けたミタイスピーカー

を使い始めたところテレビの音がクリアに聞こえるようになった。音量の数値は以前の3分の2
ほどに下がり、近所への気まずさがなくなったとのこと。銀行の窓口にも、待合客の呼び出しように
ミライスピーカーが導入された。ミライスピーカーは音波の常識を覆すスピーカーである。
従来のスピーカーの常識とは違う構造を考案し、難聴者が聞き取りやすいミライスピーカーを
開発。障害者差別解消法が販売を後押しし、銀行などで導入が進んでいる。同法は公共機関や
民間企業に対し、傷害を理由に不当な差別を禁止し、障害者への配慮を求めている。CD販売
大手のタワーレコードも視聴機を設置している。手がけるのが東京の企業サウンドファン。
同社は難聴者の患者団体や高齢者施設の協力を経て350人に対して効果測定を実施した。

会社員 副業