文系と理系

私立文系というものは、国語と英語と社会科目などの選択教科だけで受験できる大学が多いので、勉強すれば短期間で偏差値を上げることができます。
ですから、文系は多くの人が受けることが多いです。
私立理系は数学と英語と物理などの選択科目で受けられます。
文系理系をを比較した場合に、理系はかなり勉強時間を使わないと勉強ができるようにはなりませんが、文系は国語はほとんど勉強しなくてもセンター試験の現代文くらいならばそれなりに点数を取ることができる人もいるので、現代文に勉強時間を使わずに英語に多くの勉強時間を使えます。
一方、理系は数学や物理は勉強時間をたくさんつぎ込まなくては勉強はできるようにはならないので、その分英語に使える勉強時間は少なくなってしまいます。
ただ、普通文系理系を考えるときに高校2年の数�Uでつまずくいてしまった人は数学に苦手意識をいだいて私立文系に進路を決めてしまうようなのです。
ただし、理系行く人というのはの国語苦手で理系に行くのではなく理系の学部で学びたいことがあるから理系に行く場合が多いようです。中古車査定相場を調べるには